痩せやすい体の軸から作る > 燃焼には実は脂肪が必要

燃焼には実は脂肪が必要

脂肪を燃焼させたい人はあまりにも几帳面になりすぎて油を避ける傾向にありますが、それは大きな間違えです。
油には様々な効果があるだけでなく、我々が生きる上で欠かすことの出来ない重要な物栄養素でもあるのです。

まったく油を取らない生活は不健康にしかなりません。
いくらお腹の周囲についた脂肪を燃焼させたいといっても油を避け続けていると、肌がきたなくなったり、ホルモンバランスが取れなくなってきたりしてしまいます。

何故なら油には肌をきれいにしたり、ホルモンバランスを整えたりする効果もあるからです。
また、それだけではありません。
確かに油には脂肪分も含まれていますが、脂肪燃焼させるためには脂肪が必要だったりもします。

メイクをクレンジングオイルで落とすのと同じように、脂肪を燃焼させるには脂肪を使うのが効率のいい方法の一つでもあります。

したがって、油を避けるということは脂肪の燃焼を遅くしているということにもなりかねません。

脂肪にも様々な種類があります。
サラダ油やオリーブオイルに含まれているのはオメガ系脂肪酸と言って、非常に良い脂肪で、脂肪の燃焼を助けるという役割も担っています。
またオメガ系脂肪酸はごま油にも含まれていますので、脂肪を燃焼させたい人はしっかりと摂るように心掛けましょう。

日本人が昔から食べている伝統的な食べ物、魚。
昔、食卓では当たり前のようにメインを飾っていました。
現在は肉にその地位を奪われつつありますが、イワシやサバにはオメガ系脂肪酸がたくさん含まれているので、メタボリックシンドロームが流行している現代人は昔の食事に戻した方がいいかもしれません。

原則として食物油は上記にある脂肪を燃焼させる効果のあるオメガ系脂肪酸が含まれていることが多いので、それを使ってどんどん脂肪を燃やしましょう。

グレープシードオイルやピーナッツオイル、そしてアマニ油、シソ油などにも含まれています。
サバやイワシのカルパッチョにこれらの油を使用したドレッシングを加えれば完璧ですね。